男性看護師が活躍する現場での裏話

女性の看護士を看護婦と呼び、男性の看護士のことを看護師という時期もあったが
今は、看護師で両方のことを表している、元々女性の職場だったために、
裏話という訳ではないが、男性看護師は最初は正直居場所がない。
今は半分とまではいかなくてもそれなりに数は増えているので、
以前程の窮屈さは感じない、でも看護は体力勝負なところが多いため、
男性の方が、逆に良い場合もある、意外に看護師は体育会系のノリなので、
男性の方が向いているかもと思う。

でもやっぱり、元々は女性の職場、
裏話的にいうなら、人間関係を読みながら当たり障り無く存在し続けるのが非常に疲れる、
仕事内容そのものよりも、内部の人間関係の方に神経をすり減らし仕事終わりにはクタクタ、
お局様のご機嫌を損ねない様にかなり気を使うのである、
また内部での恋愛事は公には絶対できないのである、
何を噂されるかわからないので、慎重に慎重を重ねて、という感じである。
結婚が決まれば別に問題はないが、ただつき合ってるだけの場合は、結構大変。

それと、患者さん側からすると男性看護師に体を触られるのが嫌だという人も多く、
特にお風呂補助やトイレ補助は抵抗感を示す患者さんも多い、
逆に精神科や心療内科、脳神経外科等の本格的な介護を必要とする場合、
男性看護師の力が非常に大きくなり、存在感を示せる。
看護師も女性、男性と場面や状況に応じて必要とされる立場が変化するので、
あらかじめその辺りの裏話事情をわかって就職すると、
気まずい感が少なくてよいかもしれないかと思う

コメント