男性看護師は以前、看護士と呼ばれていました。

最近、医療現場では女性看護師の中に混じって
男性看護師の数が増えてきたなと思いませんか。
男性看護師は以前は看護士と言われていたんです。
ちょっと呼び方も一緒でややこしいかもしれませんが、
以前、男性の看護のスタッフが登場した時を境に呼び分けるようになったんです。
女性の看護婦さん、そして男性の看護士さんといった具合に
男性看護師は昔は看護士って呼び方でした。
呼び方が変わっただけで男性看護師の仕事内容は看護士の頃と一緒です。

医療現場って結構、体力が必要なものが多かったりします。
だから、ベットを運ぶ時も女性看護師が一人で運んだり、
重いものを女性看護師が運んだりする光景が結構あるんですが、
こういうときに、男性看護師さんがいると全然、違います。
一つの病棟に男性看護師が一人はいるべきではないかと思ってます。
そうすれば女性看護師の負担なども軽減されます。
ですが、その分、体力を使う内容の時には男性看護師の人に
負担がかかってしまいますので、申し訳ないなとは思います。

男性看護師さんのお仕事は看護士の頃と一緒です。
それに女性看護師と仕事内容はいたって一緒です。
患者さんのサポートをしたり、夜勤したり、
検温で体温管理などをしたりと内容は同じ、
ですが、医療現場は体力が必要な事も多いので、
まだまだこれからどんどんと男性看護師を増やすべきだと思います。
看護士の頃は、割合的にも少なかったということで
目立ってしまう部分もあったかもしれませんが、
とても頼もしい看護士さんが増えてくれることを願ってます。

コメント