男性看護師が精神科に多い理由

男性看護師も以前に比べ増えてきた。
その中でも、男性看護師の需要が一番多いと言っても過言ではないのが精神科である。
特に精神科でも、重症度の高い患者を扱う精神科病棟では
スタッフのほとんどが男性看護師ということもある。
では、精神科にはなぜ男性看護師が必要なのであろうか。
その理由は、体力と力強さが全てだからだ。
患者さんに掴まれたり、殴りかかられたりすることも多々ある。
女性では勤まらないというのが正直なところだ。

精神科の男性看護師は強制的に入社時、柔道技を習得させられる。
場合によっては、病院が柔道教室に通わせるといったケースが多い。
患者さんに柔道技をかけ、抑えこんで鎮静剤投与しなければならない場合もあるからだ。
医療の現場で暴力なんてと思う患者家族も多いかもしれないが、
精神科に勤めるのは食うか食われるかというくらい大変なことなのである。
仕事もハード、勤務時間も過酷、体力や精神力まで奪われる、
精神科の男性看護師ならではの悩みも多くあるのだ。

まだまだ女性社会が残る看護社会だが、
手に職をつけたいこの御時世に精神科の男性看護師といった選択肢もありかもしれない。
精神科の男性看護師に対し看護師ではないという声も多々聞くが、
精神科の男性看護師も警備員のように身体を張るばかりではなく、
しっかりとした看護も当然行っているのだ。
世間が見えていないだけで、精神科の男性看護師にしかわからない苦労がたくさんあるのだ。
このように精神科は男性看護師に支えられているといっても過言ではない。

コメント