男性看護師が看護師として働く問題

男性看護師が女性社会の確立した場所で働くためには大きな問題がある。
それは看護業界は女性社会であるという事である。
男性看護師は最近では珍しくないが一昔までは女性社会であったため、
女性ならではの人間関係の面倒くさい事が未だに残っている現実がある。
指導という名のいじめであったり、
情報交換という名の陰口であったりと問題となる部分は多々ある。
こういったものを乗り切られるだけの忍耐力・精神力が
男性看護師だけでなく看護業界に入るすべての人に必要になってくるものだと考えられる。

また、男性看護師と女性看護師の割合が半分に近い場所であれば、上記の問題が少ないことが多い。
しかし、半々である病院、病棟は限りなく少ない。
そこで、取り入れるべきは医師や技師、薬剤師、ヘルパーなどのコメディカルの人たちを
利用してできるだけ、多くの人と仲良くしておくと問題が生じるリスクは軽減される。
また、コメディカルな方々は専門知識に優れているため
困ったときにすぐに確認することができるため業務をスムーズに行うことができる。

業務がスムーズにでき、時間に余裕があったり、コメディカルの相談相手がいることは
問題が起きた時に問題解決をスムーズに行うことができる。
それは、病院、病棟にとっては大きな存在があり、
女性社会の中で必要とされる存在にならなくては、
男性看護師としてやっていくには厳しい状況となる。
看護業界は女性看護師の割合が多い。
しかし、就職難の時代に安定した給料がもらえるという職業であるため、
今後は男性看護師の割合も増えていくため、
男性看護師にとって働きやすい環境になっていくと思います。

コメント