男性看護師の必要性はあるのか否か

看護師と言えば、女性の代名詞のようになっていますが、男性看護師も少なからず存在します。
昔だったら、男性看護師なんて考えも付きませんでしたけど、
男女平等の昨今、男性が女性が独占していた職場に進出しつつあります。
男性とはいえ、病気やけがで苦しんでいる人の看護をしたいと考えている人は多い筈です。
ただ昔は、男性は看護師になれなかったので、男性看護師というものが存在していなかっただけです。
必要性があるかどうかは別として、男性が看護をしても別段問題はないと思います。

そうはいっても、まだまだ看護師と言ったら女性というイメージは根強くあります。
男性看護師の存在すら知らない人もいるはずです。
女性にできて、男性にできないのは子供を産むことくらいです。
ですから、男性看護師でも何の不足もないと思われます。
でも、人のイメージなどというものはそうそう簡単に変わるものではありません。
偏見と言ったら語弊があるかもしれませんが、
男性と言ったら医師で、男性看護師というイメージを持っている人は少ないと思います。
ですので、男性看護師の必要性を疑問視している人も少なくない筈です。

男性看護師は男性の患者さんの看護にあたる分には問題がないと思いますが、
女性の患者さんの看護にあたる場合は問題が生じます。
女性の患者さんは男性看護師に看護されることに少なからず抵抗を感じるはずです。
医療というのは患者さんと医療関係者の信頼でなっているものですから、
男性看護師に何らかの抵抗を感じている人に対しては、信頼関係を築くことができません。
男女平等は結構なことで、男性が看護師になるのも構わないと思いますが、
患者さんと信頼関係を築けないのでは、まともな看護はできないと思われます。
よって、これは私の私見ですが、男性看護師の必要性は低いと考えています。

コメント